小論文のテーマはある程度予測できる!希望校の過去問に注目

テーマを絞って練習する~小論文の効率的な練習方法~

小論文のテーマはある程度予測できる!希望校の過去問に注目

勉強

小論文の時間制限を克服する方法

小論文を書くときに時間がなくて仕上がらないという人はとにかく書こうと考えてしまいがちです。しかし、効率的に小論文を仕上げるためには書き始める前に全体構成を考えることが重要になります。起承転結を考えて要点を先にまとめておくのが大切です。それに使う時間配分を考えて書くようにすると時間制限の問題を克服できます。

出題形式を知るべき

時間配分について考えられるようにするには志望校の出題形式を予め過去問で確認しておくのが大切です。何文字の小論文が多くて時間制限がどれだけなのかがわかっていれば時間配分を決めるのは難しくありません。それに加えてテーマとしてどのようなものが出やすいかを知っていると書き始めるまでの時間を短縮しやすくなります。

評価の基準を学ぼう

小論文は客観的な視点から採点が行われているので、評価の基準を知っていると何にこだわって書くべきかがわかります。細かな評価基準は学校によって異なりますが、最も重視されているのは客観性のある論理展開です。誰が読んでも納得できるように話題を展開しているかが評価されやすいのでまず重視しておく必要があります。

苦手な原因を理解しよう

小論文が苦手という人はしばしばいますが、苦手な原因に対処していかなければ改善は見られません。表現力が足りないのなら本を読んで表現を覚えていくのが合理的な方法です。論理的な展開ができないのであれば書くよりも要点をまとめる練習をするのが効果的な対策になります。自分が苦手としている理由を理解するのが小論文対策の第一歩なのです。

読み手に伝える努力

小論文はテーマに沿って自分の主義主張を論理的に読み手に伝えることが大切です。読み手にどのように伝えたらわかりやすいかをいつも考えて書く練習をするのが効果的と言えます。客観的な視点で書けるようにするには読み手の立場を考える必要があるからです。練習を繰り返していくことにより次第に誰もが納得する小論文を書けるようになります。

広告募集中