小論文は第三者に添削してもらうことで成長できる

添削は他人にお願いする!自分の小論文を客観的に評価してもらう

小論文は第三者に添削してもらうことで成長できる

原稿用紙

小論文と作文の違い

大学入試の試験科目としても課されることの多い小論文ですが、作文とはどんな違いがあるのでしょうか。まず小論文で書かなければならない事は、あるテーマに関するあなたの意見とそれを裏付けるような明確な根拠です。それらを論理的につなぎ合わせ、いかに説得力のある文章を書けるかが鍵となります。また一度文章を書いた後に添削をしてもらい、構成を練り直すことも小論文の特徴の一つです。一方作文では、あなたが体験した事やそれに対する感想です。こちらは時系列に沿ってあなたが感じたことをいかに感性豊かに表現できるかが重要です。どちらも文章を書くという点においては同じですが、その内容や構成は大きく異なります。

小論文で迷ったときの対策

小論文ってなかなか勉強しづらい科目ですよね…。実際に書くだけでしっかりと対策をしていない方が多いのではないかと思います。もちろん問題をこなして添削を受けるというサイクルを繰り返して小論文に慣れていくことはとても大切ではあるのですが、それにプラスして実践してほしいことがあります。それは模範解答を必ず読むことです。模範解答はプロの講師が作成していることもあり、とても論理的でわかりやすい文章になっています。特に文章構成の仕方や反対意見の取り入れ方、接続詞の使い方など参考になることが多くありますので、ぜひ小論文対策の一つとして実践してみてください!

小論文を添削してもらうメリット

与えられたテーマに対して一回本文を書いて終わっている人いませんか?実はこれ、とても危険です。小論文では、あなたの意見に反対する人々のことも考慮して内容を構成しなければなりません。しかし、あまり小論文に慣れていない人が書く文章はどうしても一貫して主観的な内容になりがちです。そこで、おすすめしたいのが他人に添削をしてもらうことです。これによって、客観的な内容を取り入れることが可能になり、より説得力のある文章を書くことができるようになります。何度も添削してもらい書き直すことが上達へと繋がります。

捉え方や表現は人によって違う

小論文では自分の意見として賛成か反対かを述べなければならないわけですが、実のところその意見自体はあまり重要ではありません。人によって持っている意見は異なりますし、それをどう表現するかも個人の自由です。しかし自由だからこそ、つい主観的な文章を書いてしまい読者に誤解を与えてしまうということも起こり得ます。それを防ぐという意味でもやはり添削は欠かせませんね。

高得点を出すためにやるべきこと

文章構成や添削の必要性はすでに述べましたが、それと合わせて小論文で高得点を取るために様々な分野の基礎知識を身に付ける必要があります。どれだけ論理的な文章が書けても、書く内容が浮かばなければ意味がないですよね?小論文では時事問題を中心に多種多様なジャンルのテーマが出題されます。難解な用語を覚えたりする必要はないですが、日頃から新聞やニュースをチェックしてある事柄の概要だけでも把握しておくと必ず役に立ちます!

広告募集中